Page Top

リンパ浮腫センター

  • 診療内容
  • 取り扱っている主な疾患
  • 症例数
  • 手術実績
  • 診療担当医表
  • スタッフ紹介

診療内容

お知らせ リンパ浮腫センターにおける新型コロナウイルス感染症の対応について
 

乳がん術後の手や腕のむくみ、子宮がんや卵巣がん術後の足や太もも・ふくらはぎのむくみ、お困りになっていませんか?
がんの治療では様々な治療法が行われますが、「リンパ浮腫」という上肢や下肢のむくみを引き起こすことが分かっています。 
がん術後のリンパ浮腫は、早期診断・早期治療でこれまで通りの普段の生活を継続することができるので、がんの治療後に上肢や下肢のむくみやしびれ、違和感が気になっている方は定期的な受診をお勧めいたします。
また、リンパ浮腫になり時間が経った方でも、これまでの治療に外科治療を取り入れることで症状の軽減や日常生活のQOL向上が期待できます。

当センターの大きな特徴は、亀田総合病院と亀田京橋クリニックを通して、リンパ浮腫の予防から治療、保存療法から検査・外科治療まで全てを行えることです。高度なトレーニングを受けたリンパセラピスト(看護師、理学療法士など)と共にチーム医療にて診療を担当します。
既存の複合的理学療法と最新の外科治療を融合させることで、科学的根拠に基づきより確実な効果が得られるよう、患者さまをサポートして参ります。

詳しくはリンパ浮腫センター予約・受診方法診療案内をご参照ください。

当院のリンパ浮腫センターでのリンパ浮腫の治療について動画でご紹介いたします。



リンパ浮腫センターでは、がんの手術後の上肢、下肢のしびれやむくみを感じている患者さまを対象に、リンパ浮腫センターの医師が、リンパ浮腫の予防や治療の相談をオンライン(パソコンやスマートフォン)で行っております。(2018年11月より開始)
遠⽅にお住いの⽅やお仕事の都合上通常の受診が難しい⽅は、ご活⽤ください。
がん手術や放射線治療後のリンパ浮腫の予防・治療のオンライン・カウンセリング(ご相談)の手続きはコチラ

※現在、乳がん・子宮がん・卵巣がん・前立腺がんなどで当院治療中の方は担当医にご相談ください。また、他院に通院中の方は、主治医からの紹介状をできるだけご持参ください。 
※すでにがん治療の通院が終了した患者さまも当センターの受診は可能です。

コラム:リンパ浮腫に関する基礎知識や治療法を最新の知見や世界の動向も交えながらお伝えします。