Page Top

直腸肛門外来

  • 診療内容
  • 取り扱っている主な疾患
  • 手術実績
  • 診療担当医表
  • スタッフ紹介

診療内容

おつうじの出口である直腸と肛門の疾患に特化した、全国でも珍しい専門外来を開設致しました。
ありふれた病気である、「便秘」や「痔」はもちろんのこと、「便失禁」や「直腸脱」などの疾患に対して、専門的な見地から診断・治療を行っています。


なぜ、これらの病気に専門外来が必要かというと、

1.手術でよくなるものとそうでないものがあるため、外科医の良識に則って、患者様へ治療を提示することが求められます。
2.排便に関しては、未だ解明されていない生理機能や病態がたくさんあり、常に更新される最新の知識を備えておかなければなりません。
3.おしりの悩みで受診するというのは躊躇されがちでしょうが、女性医師による外来を設けるなど、気軽に相談できる態勢も整えました。
4.慌ただしい現代においては、トイレ習慣がままならず、排便障害を持つお子様も増えてきています。
5.骨盤内の問題に対して、婦人科や泌尿器科と密に連携を図ることで、患者様にとっても、大きな負担軽減になるはずです。わたくしたちはウロギネ科と連携しています。
6.脊髄損傷やパーキンソン病などの神経疾患では、排便障害を合併する頻度が高いにもかかわらず、専門外来はほとんどないのが現状です。
7.介護の現場においても、排便の悩みはありふれたものであり、ご本人、ご家族、介護者の負担を軽減する意味でも、積極的に介入したいと思っています。

以上のような観点から、専門性を活かし、悩みを抱えていらっしゃる方たちのお役に立つことが、わたくしたちの使命と考えています。
※もちろん、手術内容は世界トップレベルを目指しており、肛内の機能を重視した腹腔鏡手術を200例以上行っています。
(更新日:2017.10.13)
※2014年4月より便失禁に対する新たな治療法である「仙骨神経刺激療法(SNM)」を全国に先駆けて導入、保険適応での治療が可能になりました。
 
便失禁でお悩みの方のために専門医師による「便失禁無料電話相談」を実施しています。
詳しくはこちらをご覧ください。→「便失禁に関する無料電話相談」実施について
 


直腸肛門疾患の専攻を目指す医療者の方へ→直腸肛門外来ブログ