ページの先頭です

教育体制

当院は患者さまからの期待が大きくこれに対応できるようスタッフ教育の充実を図るように努めています。新入職者へは患者さまへの治療が効果的かつ安全に行えることを目的に職務記述書という用紙を用います。これは新入職者へ当面必要とされる技能を示し、具体的目標をもって取り組んでもらっています。また指導側へも指導の漏れがないようにするためでもあり双方に目標が共有できるようにしています。当法人関連事業所である総合病院、クリニック、回復期病院、在宅、さらに介護老人保健施設などをローテーションする機会もあるため急性期から回復期や、生活維持期など、幅広い疾患や時期でのリハビリテーションを経験することができます。また、経験を積むにつれ各分野担当を担うために必要な知識と経験をしていき、院外研修や学会などへも参加しております。

また年数回、院外講師として各専門分野で活躍されている先生を招いて基礎的な面と最近の知見などの講演や実技指導を実施し、専門技術の研鑽に励んでおります。