ページの先頭です

PET-CT検査計画例

PET-CT検査計画例

PET-CTを2年ごと、人間ドックを毎年行います。更にPET-CTで発見されにくいがんをカバーするため、オプションとして上部消化管内視鏡(胃がん検査)を毎年、男性はPSA(前立腺がん検査)を3年ごと、女性は子宮頸部(膣部)細胞診(子宮頸がん検査)を2年ごとに行います。また、前がん状態のポリープも発見可能な大腸内視鏡を5年に1回組み入れるとよいでしょう。

  • PET-CT検査計画例