ページの先頭です

PET-CT検査の特徴

PET-CT検査によるがん検診

従来の人間ドックと、PET-CT検査を行うことで、より高度で安心な健診を目指します。

腫瘍を診断する場合、通常の画像診断(X線やCTやMRI、超音波検査など)で、「かたちや大きさ」を見ることができます。これに対してPET-CTは、腫瘍細胞が正常細胞の3~8倍ものブドウ糖を摂取する性質を利用して、がん細胞の「活動性」を画像にすることができる検査です。またPETにより得られた画像をCT画像と重ね合わせることにより、がんの存在部位や腫瘍の性質(悪性度)診断に有用性が高い検査です。

亀田健康管理センターでは、がんの早期発見を目指し、従来の人間ドックに加え、「PET-CT検査によるがん検診」を行っています。PET-CTは、全身のPET検査とCT検査が同時に施行できる最新式のがん検査で、これまでの人間ドック検査では発見が難しかったがんも見つかる場合があり、しかも体に負担の少ない検査です。従来の人間ドックとともに「PET-CT検査によるがん検診」をお受けいただくことをお勧めします。

長所

  • 1cm程度のがんの早期発見
  • がんの悪性度の判定、進行度が診断できる
  • 薬剤注射の痛みのみで、楽に行える
  • 病巣部位を正確に把握できる
  • 一度の撮影で全身の検査ができる

短所

  • すべてのがんが発見できるわけではない
  • 1cm未満のがんは見つけにくいことがある
  • 血糖値の高い方は、正しい検査結果を得ることができない
  • がんが良性かの判断が難しいものもある
  • がんを発見しにくい場所もある
  • 少ないが被ばくがある

発見されやすいがん

肺がん・乳がん・大腸がん・卵巣がん・子宮体がん・悪性リンパ種

発見されにくいがん

胃がん・子宮頸がん・前立腺がん・腎がん・膀胱がん

※これらのがん発見に有用性の高い、下記検査を組み合わせることをおすすめします。

胃がん 上部消化管内視鏡(胃カメラ)
子宮頸がん 子宮頸部(膣部)細胞診
前立腺がん PSA検査
腎がん 腹部超音波検査