ページの先頭です

電子カルテシステム

亀田総合病院では、おひとりおひとりを中心とした診療計画の作成、チーム医療の実践、そして実績データ管理などをご確認いただけるよう、すべての情報が統合的に電子化された統合電子カルテシステムを導入しています。また、ご自身やご家族の診察内容をインターネットを通じ、お好きな場所で閲覧できる患者さま用カルテ PLANETがあります。

統合電子カルテシステムについて

医療サービスを効率化するにはお一人お一人にあった治療と環境を提供する必要があります。私たちは亀田クリニックをコントロールタワーに位置づけて、医療機関や福祉施設などに振り分けます。

亀田メディカルセンターでは、1995年より電子カルテシステム(Queen)の本格運用を開始しましたが、1999年春よりナビゲーション・ケアマップ、電子カルテ、オーダリングシステムを基幹としてすべての情報が統合的に電子化された、新しい統合型病院情報システム(KAI)を病棟も含め全面稼働させ始めました。

この第2世代電子カルテシステムは、「クリニカルナビゲーションシステム」と呼ばれ、あらゆる機能が全面的に見直されたのと同時に、独自に考案(発明)した新しい概念が中核に据えられているのが特徴です。おひとりおひとりを中心とした診療計画の作成、チーム医療の実践、そして実績データ管理などを総合的に支援するもので、完全なペーパーレス、フィルムレスを実現します。急性期医療のみならず、健康管理からリハビリ、在宅医療など、あらゆる分野にわたる医療サービスを最適、かつ継ぎ目なく提供するための道具となることはもとより、個人個人の生涯にわたる健康データベースの構築・活用を通じて、生活の質の向上や新しい医療技術、医療制度の開発の基盤作りにも大きな力を発揮すると考えています。また、私たちはこれを単に医療ビジネスの枠内でとらえずに、中心の理念を広く共有する取り組みと考えています。

「クリニカルナビゲーションシステム」について

クリティカルパスやケアマップは最近日本でも注目され、いくつかの医療機関でも取り込まれています。これらはそれぞれの疾患毎に標準的な診療プロセスを示すもので、一般に縦軸に検査・投薬・処置・食事などの医療行為、横軸に時間軸を持つ二次元の紙ベースの診療計画表を指します。紙のケアマップは大まかな診療ガイドラインになりますが、きめ細かく個々の症例に適合出来ません。

これに対してナビゲーションケアマップは、コンピュータ上で動く統合型ケアマップであり、電子カルテの操作性を向上させ、紙のクリティカルパスではできない診療プロセスの表現を可能にしました。個々の症例に合わせて診療計画を作り、オーダーや処置などの医療行為を重ねるほど成熟した標準形が出来上がるシステムです。

具体的には、疾患・症例毎に標準的な診療プロセスを電子的に作成する機能は「ケアマップエディター」として開発し、紙のケアマップではできないことを可能にしました。例えば、合併症等に対しマップとマップを組み合わせたり、インターネットなどでマップを共有したり、ライブラリー化することも可能です。さらに医療行為のマスター整備や項目間の関連ロジックの組み込みなどにより、個別の症例へのきめ細かい対応をサポートします。いわば紙のケアマップを既製服とすると、電子ケアマップはオーダーメードのようなもので、標準化と同時に個別化が図られる点が大きな特徴です。

また、これまでのシステムと違い、Windows環境としたことで、開発などのツールがより使いやすくなり、図を描く、音声を入れるといったことも容易になりました。また画像の伝送と表示スピードが格段に向上し、CT、MR、CRなど100枚分の画像を約20秒で表示でき、日常の診療現場で十分に使えるスピードを実現しました。

さらに幅広く地域医療に貢献するため、亀田メディカルセンターではヘルスケアネットワークを推進しています。これは各地の診療所と医療提携の絆を結ぶ事業で、電子カルテなどの最新システムを利用して、開放型病床利用受付、紹介患者さまの診療情報提供、検査紹介システムの運用などのさまざまな展開をしています。

統合診療支援システム Kai/Web電子カルテ アピウス エクリュ/精神科Web電子カルテ アピウス プシュケ

  • 亀田医療情報株式会社

亀田医療情報株式会社

  1. HOME
  2. 亀田クリニックについて
  3. 電子カルテシステム