ページの先頭です

お知らせ

2016年は明るく大きな希望の年に (理事長 亀田隆明) 2016/01/04

理事長
亀田隆明

明けましておめでとうございます。

一昨年の消費税増税による消費税損税問題により、多くの基幹病院が厳しい経営を余儀なくされ、我々も大変苦しい経営を強いられました。しかし、職員全ての協力の下、2015年には何とか平常に近い経営ができるところまで体質改善が進み、希望に溢れる新年を迎えることができました。

2015年10月26日から30日まで行われたJCIの更新審査では、文句なしの結果で再認証を受けることができました。多くの一流病院が再認証を受けるに当たって苦戦される中、亀田メディカルセンターでは、職員一丸となって見事に高いハードルを越えたこと、誠に嬉しく誇りに思います。

2016年には長年の懸案だった電子カルテKaiの新電子カルテシステムAoLaniへの移行を医療法人鉄蕉会全事業所で行います。自主開発なので初期には多くの不満や困難も予想されますが、Kaiの開発時同様、全職員の英知を結集し導入、改善してゆき、世界最高レベルの統合システムをつくりあげてゆきたいと考えています。

従来から進めてきたIHN(Integrated Healthcare Network)も大きく前進します。特に医療過疎地域である夷隅・長生・山武地域への医師を含む医療スタッフの応援と、AoLaniを基盤とした情報共有による医療サポートを漸次進めて、南房総全体の医療レベルの向上と、住民の皆さま方の安心・安全に貢献して参ります。

2015年秋には、亀田グループの職員から成り、南房総全域の支援を受けてなでしこリーグを目指す女子サッカーチーム「オルカ鴨川FC」が千葉県1部リーグで優勝。関東リーグを飛び越えてなでしこチャレンジリーグ入りを果たしました。2016年にはいよいよ我々の夢を乗せて南房総から全国区の女子サッカーチームが羽ばたきます。

本年4月には全国に先駆けて、わが国最大の社会構造問題である少子化対策として、若いカップルが安心して子育て、教育と仕事を両立できる地域社会システムの構築を目指して、グループ法人である社会福祉法人太陽会による「認定こども園OURS(あわーず)」が開園されます。0歳児から学童まで、保育から幼児教育まで、子育て世代が365日24時間安心して働ける環境を整えることで、南房総を子育て先進地区にして参ります。

もう一つは初夢!サーフィンがオリンピックの種目に決まりそうだと報道されています。鴨川はわが国サーフィン発祥の地であり、50年前に初めて全日本サーフィン大会が開催されて、第一回大会から3連覇の輝かしい実績を持つ伝説のサーファー川井幹雄プロをはじめ、地元鴨川にはさまざまなレジェンドやプロサーファーがいます。近年では亀田メディカルセンターの看護師、庵原美穂プロがショートボード女子プロの部門で3年連続グランドチャンピオンに輝くというまさにサーフィンのメッカです。サーフィンは自然と人間の共存の象徴、そして自然に包まれ、挑戦する楽しみを与えてくれる競技です。人工波などという邪道な話も聞こえますが、是非鴨川でオリンピック初のサーフィン種目が開催される夢を実現しましょう。

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. トップメッセージ
  4. 2016年は明るく大きな希望の年に (理事長 亀田隆明)