ページの先頭です

お知らせ

70歳以上の皆さまへ(※)高額療養費の上限額が変わりました 2018/09/15

  • 患者さま向け

高額療養費制度とは、ひと月に医療機関に支払った額が高額になった場合に、定められた上限額を超えて支払った額を払い戻す制度です。また、上限額は、個人や世帯の所得に応じて決まっています。

この上限額(月毎・70歳以上)が、今年8月から変わったことをご存知ですか?特に現役並み所得者(年収約370~1,160万円〔課税所得145~689万円〕)の方はご注意ください。所得に応じて適用区分が3つに細分化され、それぞれ限度額が引き上げられました。また、平成30年8月以降、ひと月にひとつの医療機関でお支払いが高額になる可能性がある方は必ず、市町村窓口にて「限度額適用認定証」の交付を申請してください。医療費を支払う際、会計窓口で「限度額適用認定証」が提示されない場合、支払額が高額になる場合があります。(ただし、その場合でも、上限額を超えて支払われた額を後日払い戻すよう申請することができます)

高額療養費制度の詳しい内容は、厚生労働省のホームページほか、国民健康保険にご加入の方や後期高齢者医療制度の方は「お住まいの市区町村の担当窓口」、健康保険組合、全国健康保険協会、共済組合、国民健康保険組合にご加入の方は「ご加入の医療保険者」までお問い合わせください。

65歳以上の方で障害認定を受けて後期高齢者医療制度に加入している方も対象になります
  1. HOME
  2. お知らせ
  3. ニュース・プレスリリース
  4. 70歳以上の皆さまへ(※)高額療養費の上限額が変わりました