ページの先頭です

お知らせ

受診の際は「お薬手帳」をお持ちください 2018/03/15

  • 患者さま向け

お薬手帳は、いつ、どこで、どんな薬を処方してもらい、過去にどんな薬を飲んで、現在はどんな薬を飲んでいるのかが一目でわかる便利な手帳です。

当院では患者さまへお薬手帳の活用を推進しています。受診される際は診察券や保険証とともに、お薬手帳を忘れずにお持ちいただき、お薬の受け取りの際に薬局窓口へご提示ください。(なお、お薬手帳が不要な方はお薬の受け取り時に薬局窓口へお申し出ください)

お薬手帳を持つメリット

  • 飲み合わせや薬の重複をチェックし、副作用や飲み合わせのリスクを減らします
  • 副作用歴、アレルギー、過去にかかった病気などの情報を伝えることができます
  • 旅行や災害、急に具合が悪くなった時などに、自分の薬の情報を正確に伝えることができます


そのほか、複数の医療機関を受診する時や、転居した時など、お薬手帳を見せるだけで、あなたのお薬のことをわかってもらえます。また、飲んでいるすべての薬を「1冊で」記録することが大切です。病院ごとや薬局ごとに別々のお薬手帳を作らず、情報を一冊にまとめるようにしましょう。体調の変化や薬局で購入した薬の名前など、ご自分でメモしておかれるのもよいでしょう。「お薬手帳」を上手に活用して、ご自分の健康管理にお役立てください。

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. ニュース・プレスリリース
  4. 受診の際は「お薬手帳」をお持ちください