ページの先頭です

  • 沿革

沿革

亀田家は、古く寛永の末頃より医療を営み、享保年間に現在地に移ったとされている。歴代医療を営み、当時は、漢方医、蘭方医の時代であったが、明治の末期には、亀田俊正、亀田俊雄により西洋医学による現代的病院としての形態を整えるに至ったが、その衣鉢は脈々として今日に伝えられている。
昭和23年1月、戦後の医療情勢に対応するため、当時の当主亀田俊雄は、現在地に「有限会社亀田病院」を設立、地域医療の遂行に当ったが、その後の急速なる医療の進歩に応ずるため、昭和29年3月「医療法人鉄蕉会」に改組し、科学的かつ適正な医療の普及をめざした。
しかし、医療をめぐる社会情勢の変化は、その後も急速に進み患者も急増したため、新たに代表社員となった亀田俊孝は、更に近代的総合医療の必要を認め、慎重な検討の結果、昭和36年9月当時として最新の医療設備を持つ総合病院の建築に着手し昭和38年3月、現在の「亀田総合病院」本館を完成した。

こうした施設の整備と並行し、診療内容の充実向上を計り人材を集めて昭和39年6月より、本格的に総合病院として発足、千葉県南部における唯一の総合病院としての役割を担ってきた。
さらに、昭和40年代には、取扱患者数も増加し、結核病棟、本館病棟も狭隘になり、今後大幅な一般患者の増加が予想されることに鑑み、また、医療分野の加速的な進歩に対処すべく昭和45年10月、9階建新館を完成した(A棟)。その完成により病床数も大幅に増加し、地域の医療ニーズに応えることになった。
しかるに、昭和50年以降、医療分野における技術の急進と第3次医療に対する社会的要請の高まりに対処し、基幹医療施設としての責任を果たすためには、診療設備の飛躍的拡充が不可避とされるに至り、昭和54年以来慎重に準備を進めた結果、昭和55年度から第2新館建設を発足させた。この建築に先だち、当院建築スタッフは、欧米諸国の病院を視察し、昭和57年7月に完成した8階建第2新館(B棟)には、機能面、施設面等随所において、当時としては可能な限りの設備導入が施された。
この完成により、診療設備、機器の飛躍的充実がなされ、診療規模の拡大とともに診療圏の拡大もなされた。さらに、国内外の一流医師の招聘により高度な医療が展開され、ICU、NICU等の設置により県南地区における基幹総合病院としての役目を担うに至った。これにより、癌、脳疾患、心疾患の三大成人病を含む現代医学が可能な、ほとんどの難手術にも対応でき得る体制が整備されることになった。
さらに、昭和60年3月1日には、千葉県の第三次救急医療体制に於ける救命救急センターとして指定をうけ、地域の救急体制の核としての使命も担うと共に、更に、医療規模、医療レベルの実績により、昭和61年3月7日付けにて、厚生省より、医師の卒後教育を行う臨床研修指定病院の指定も受け、一層の重責を果たすこととなった。
昭和61年度には、放射線治療の開始、精神神経科の増設、歯科センターのオープン、昭和62年4月には、全国にさきがけての核磁気共鳴診断装置(NMRユニット)、11月には、体外衝撃波尿路結石破砕装置(ESWL)の導入もなされた。この間、国内のみならず国外からも高い評価を受け、昭和59年以降在日米国軍の後方医療施設としての役割と、昭和60年からは、中国天津医院と友好病院の締結による中国医師の研修病院としての役割を担っている。これに伴い、昭和63年3月には、厚生省より外国人医師の臨床修練指定病院に指定され、さらに、昭和63年5月には、各方面からの要望に応えて、病院前に東京都離島関係並びに米軍基地関係の患者を収容すべく、救命救急用場外臨時離着陸場を設置し、また、平成元年3月には、施設規模・機能等をより拡充させた新救命救急センター棟を完成させ、緊急重篤患者の受け入れを行っている。そして、これらの救命救急活動により、平成2年10月には千葉県知事より救急医療功労賞が、平成3年1月には東京都知事より感謝状が送られた。

また、医療の展開として、千葉県が進めている幕張新都心構想の中核ビルである幕張テクノガーデン内に「医療法人鉄蕉会亀田総合病院附属幕張クリニック」を平成2年10月に開設、更に同一副都心にあるホテルフランクス内に「医療法人鉄蕉会フランクスクリニック」を平成3年10月に開設し、幕張地域の医療、健康管理の一役を担ってきている。
平成5年10月には、地域に於ける人口の高齢化に伴い、増加する要介護者に対し、老人保健法に規定する老人訪問看護事業として老人訪問看護ステーション「医療法人鉄蕉会亀田訪問看護センター」を開設した。
さらに、各方面の関係者から協力依頼があった神奈川県厚木市の病院を平成6年3月に「医療法人鉄蕉会森の里病院」(現在は「医療法人鉄蕉会亀田森の里病院」)として移管開設をし、監督官庁が千葉県より、厚生省(現厚生労働省)に移行した。
この間平成6年2月には、亀田総合病院は長年の取り組み課題であった高度先進医療(胸腔鏡手術)の承認を受け、全国に極めて希である特定承認保険医療機関に指定され、名実ともに高度な医療が提供できる病院として位置づけられた。
更にこの間並行して、老朽化、狭隘化してきた亀田総合病院の近代化を押し進めるべくマスタープランを策定し、平成4年7月にはダブルヘリックス方式の立体駐車場(約500台収容)が完成、平成5年2月には教育棟(臨床研修、医師卒後教育、図書、フォト機能)が完成、平成6年3月にはサービス棟(病院への電気、物流、検査、食事等のサービスを提供)を完成させた。
そして、このマスタープランでの主目的の建物は、平成7年2月完成した亀田クリニックである。これは、近年、当院も含めて外来患者の大病院集中の傾向が著しく、大規模病院は、一般的に入院部門を中心にした高次診療機能を担っており、外来患者集中は、その病院のもつ高次機能の発揮に支障を及ぼすことは否めなくなりつつあった。このような状況下において、平成4年4月の診療報酬改定及び平成5年4月の医療法改正でも、機能連携を進めるべく方向づけがなされた。これにより、亀田総合病院の外来機能を亀田クリニックに特化することにした。平成7年4月より稼働したこのクリニックは、全科を抱え、デイサージャリー、ペインクリニック、スポーツリハビリを導入するなど高機能外来施設となっている。また、地域に於ける各種施設間の機能連携のコーディネーター的役割も担うことになっている。この考え方は、国民医療費が高騰し、超高齢化社会に入ったわが国の行政の方針に合致するものである。また、この独立型総合診療所は、その機能とともにアート・イン・ホスピタルの思想をも含め従来にない建築意匠や色使いにより関係各方面の関心を集めている。

20世紀末は、少子高齢化社会や医療事故、大災害、エイズ、不況という時代背景から医療行政でも各種の施策を行ってきている。当院においても、平成7年7月には、ECU病棟の設置、増床(24床:合計一般784床)を行うとともに、平成8年3月ヘリポート再整備、同8月災害拠点病院指定、平成9年4月HIV拠点病院指定、ホームヘルパー養成事業(2級)、9月開放型病院(30床)設置、更には平成10年3月研修棟完成、4月診療科目を31科に(平成26年9月現在34科)、平成11年3月治験管理棟完成等様々な対応を行ってきている。とりわけ精力をかたむけてきたのは、また時代を見据えた医療の電子化である。
亀田総合病院の医療への電子化は古く昭和54年から進められてきたが、従来の医事請求業務だけへの対応では物足りず独自のプログラム開発に取り組んできた。その後、十数年の研究開発の歳月をかけ、独自の総合電子カルテシステムをつくりあげた。そのシステムは亀田クリニックのオープン時より稼働しており、国内外より最先端のシステムとして注目を浴びているところである。さらにケアマップナビゲーションシステムの開発につなげ、医療の標準化等を目指し着実に機能を向上させている。

現在、亀田総合病院と亀田クリニックを総称して亀田メディカルセンターとして位置づけ、医療の質が叫ばれる中、平成12年3月にはISO9001の認証を取得し、500床以上の病院で医療の内容までに踏み込んだISO認証取得は世界でも初めてと言われている。また、平成21年8月にはJCI(Joint Commission International)認証を取得した。
今後も当法人の品質方針としてかかげた使命「我々は全ての人々の幸福に貢献するために愛の心をもって常に最高水準の医療を提供し続けることを使命とする。」を果たすべく、全職員努力をし続けることを確信している。

医療法人鉄蕉会 医療ポータルサイトについて

本サイトは、 医療法人鉄蕉会 が運営しております。